西遊記(1960年) - bhc.jp





"西遊記(1960年)"のiTunes 映画詳細情報


西遊記(1960年)


西遊記(1960年)について

監督:藪下泰司 & 手塚治虫
SD画質購入価格 : 2,000 円
SD画質レンタル価格 : 400 円
HD画質購入価格 : 2,500 円
HD画質レンタル価格 : 400 円
リリース日時:1960年08月14日
再生時間:28分23秒



西遊記(1960年)のあらすじ


西遊記(1960年)のあらすじ

石の中から生まれた石猿は、持前の勇敢さを発揮して猿のボスになったが、何かもの足りない。この世の中には猿よりえらい人間というのがいるらしい。それならばと一念発起した石猿は、仙術の修行に出た。首尾よく仙人に弟子入りして修行に励み、極意書を授けられ、孫悟空と名乗るようになった。はるばる訪ねてきた幼馴染みのリンリンに仙術の腕を見せたくて、天界を騒がせて二郎真君に追われ、挙句の果ては、お釈迦さまに五行山に封じ込められてしまう。リンリンの運んでくれる木の実でわずかに露命をつなぐ悟空であったが、観音さまのはからいで、天竺に経文をとりに行く三蔵法師のお供をすることとなった。途中、ブタの化物・猪八戒、人喰いの沙悟浄を降参させて供に加えた一行は天竺へと砂漠を越えて旅をつづける。だが、火焔山まで来た一行を噴火による熔岩流が取り囲んでしまった...。



西遊記(1960年)を共有


西遊記(1960年)をTwitterで共有する





↑ PAGE TOP